大阪で建てたい一戸建て|リフォームで得られるくつろぎ我が家

必要なメンテナンス

一戸建て住宅の購入からメンテナンス

一戸建ての住宅を購入するという事を目標にしている人々はいまだに多い。マンションや賃貸に比べて、購入に初期費用はかかるが、資産としての価値があるとして、一戸建てが重視されている。これは昔からその傾向にあり、地方になればなるほどその傾向はある。 しかし、一戸建ては購入時の初期費用だけでなく、メンテナンス費用も必要とされる。いくら新築といっても経年劣化は避けられず、20年から30年経過したあたりからリフォームが必要となるケースが多い。これに向けた準備もあらかじめ必要かもしれない。また、これはメンテナンス費用とは別に固定資産税など賃貸時とは異なる費用も発生する。新築時は特に高額のため、一戸建てを希望する人はこういうことも頭にいれておきたい。

購入のコストからメンテナンス費用について

では、一戸建ての購入からメンテナンスにどのくらい費用がかかるかというと、これは一概にはいえない部分がある。 新築でも立地条件、部屋数、建物面積などにより、大きく変動するからである。地方では2000万円ぐらいで新築住宅は手に入ることができるが、家族人数によってはもっと高額な大きな家が必要となるであろう。都会になればこれの倍以上は頭に入れておいたほうがよいと思われる。 また、住宅のメンテナンス費用についても、風呂、トイレなどの水回りの場合や外壁などのメンテナンスなどによりこれも費用に大きく差が出る。50万ぐらいの場合があれば、大掛かりなメンテナンス、つまり改装になると百万円単位になるかもしれない。一戸建て住宅と長く付き合うにあたっては、こうした費用がかかることも十分念頭にいれておく必要がある。

↑ PAGE TOP