大阪で建てたい一戸建て|リフォームで得られるくつろぎ我が家

過ごしやすい家

新築戸建のメリットについて

新築戸建を検討している人はたくさんいますが、その一方で中古戸建も密かに人気があります。中古戸建を買う人は玄人好みだと言われることがありますが、少しずつ中古戸建を購入することも当たり前になってきているのです。 では新築戸建と中古戸建のどちらがいいでしょうか。 新築戸建のメリットは、選べる物件がたくさんあることです。分譲住宅に関しては同じようで少し違う住宅が並んでいますし、郊外などではそこらじゅうに新築戸建が建設されていることもあります。 また、新築戸建には新しい技術や新しい素材が使われているのです。 さらに、注文住宅の場合であれば、0から自分たちの好きな間取りにすることができる点です。このようなメリットは中古戸建にはありません。

デメリットについても知っておく

新築戸建にはメリットもたくさんありますが、そのデメリットも知っておくことで、全貌が見えてくるというものです。 新築戸建のデメリットは、中古戸建に比べると価格が高めになります。ただ、中古住宅をリノベーションすると新築戸建より高くなることもあります。 注文住宅の場合は、建設が終わるまで、図面だけではイメージがわきにくい点です。その点、分譲住宅や中古住宅はそこに建設されているためイメージをハッキリと掴むことができます。 また、その土地の地盤が強いのかそれとも弱いのかという点がわかりにくいということです。これに対して中古住宅は何十年もその土地に建っているため、地盤については間違いないことのほうが多いのです。

↑ PAGE TOP